【ゲーミング枕】おすすめ!ゲームに最適な枕(スマホ枕、テレビ枕)比べてみました。快適プレイには必須アイテム!

ゲーム

こんにちは、ひなパパです。いきなりですが、

ゲームをしていると、首、肩、腰、背中、腕 が痛くなりませんか?

特にうつ伏せでスマホゲームをすることが多い私は毎度さまざまな場所が痛くなるため、ゲーム利用に適したクッションや枕、椅子は無いものかと色々と試していました。

結果、私と同じように困っている方に、十分おすすめできるゲーミング枕、クッション(世間的にはテレビ枕というようです。)が見つかりましたので、紹介していきたいと思います。

今回は、いろいろと試した中で、寄りかかるタイプと、うつ伏せで利用するタイプで、それぞれ最もおすすめできるものを紹介していきたいと思いますので、良ければ参考にしていただければ幸いです。

実は、全部で6種類試したのですが、4つはオススメするに値しないものでしたので、今回は省略いたします。ちなみにその4つの内の一つは、商品画像とどうみても別なもの(見た目が似てるというレベル)が届きました。その他の商品も、「臭いがかなりキツイ」、「単純に使い心地が悪い」など、否定的なレビューになりそうなため今回は紹介を控えます。良かった商品だけを紹介していきたいと思います!

それでは早速紹介していきます。

「寄りかかる」タイプのゲーミング枕

こちらは寄りかかって利用するにはダントツで良かったです。固さ、大きさちょうど良いです。床の上、ベッドの上においてもOK。

私は最近、在宅勤務の場合にベッドにこれを置き、仕事しています。

「肘置き」もついており、取り外し可能で、自分の好みの場所に置けて便利です。寄りかかる場合は、体の大きさに関係なく使い勝手が良い商品となっています。

また、うつ伏せでも利用できるように作られているのですが、体の小さい方にとっては少々高さがあるように感じるかもしれません。しかし、平均的な体格の男性にはちょうど良いくらいの高さになっており、うつ伏せでも使いやすいと思います。また、アゴを乗せる部分のクッションの固さはちょうど良く痛くなりづらいです。

寄りかかり、うつ伏せ どちらも対応したものが欲しいという方には、最適す。

もう一つ重要なポイントとして、ニオイがあります。6種類購入したうち2つは強烈なニオイがあり使用ができないレベルでした。その点この商品はニオイが少なく(通常のウレタンのニオイはありますが)数日もすれば全く気にならないレベルです。品質の面でも他と比べて良かったです。やはり日本製は目に見えない部分も配慮ができている商品が多いようですね。※ニオイが強かった2商品はどちらも某海外製品でした。

GOODポイント

  • 大人も十分よりかかれる高さ、大きさ。
  • 「肘置き」がある。
  • うつ伏せでも使える。
  • 臭いが少ない。
  • カバーが取り外せて洗濯可能。
  • 安心の日本製。
  • ベッドの上での在宅ワークにちょうど良い(私だけ?)

▼あらためて商品のリンクを置いておきます。

 

「うつ伏せ」タイプのゲーミング枕

こちらは、主にうつ伏せで利用する方にうってつけの商品となります。ベッドの上で、うつ伏せで利用する時などはかなり良いです。

うつ伏せだと、首や肩、腰だけでなく、どうしても肘に体重がかかり、痺れてしまうことでプレーも下手になっていきますよね。さらに、首、肩、背中 といたるところが痛くなってしまいます。

そこで、この枕を使うと、肘で支える必要がほぼなくなり(高さが絶妙)、肘の負担が減ります。

背中が反りすぎないちょうど良い高さなので、背中や肩にも負担軽減になるうつ伏せ特化の枕です。(寄りかかることもできますが、腰を支えるくらいです。)

また、アゴをのせる部分が、もっちり柔らかく気持ちいいです(柔らいですが、凹みすぎない。)。下にあるウレタンの固さが気になる場合は、タオルをひいて調整すると良いと思います。

ちなみにこちらも日本製ニオイも少なめです。数日置いておくことでニオイはほぼほぼ消えると思います。私はファ〇リーズをかけて一日置いたら、問題なく使えるレベルになりました。

GOODポイント

  • 肘に負担がかからないちょうど良い高さ。
  • アゴをのせる部分が、もっちり柔らかく気持ち良い。
  • 臭いが少ない。
  • 日本製。
  • うつ伏せ特化

▼あらためて商品のリンクを置いておきます。

 

まとめ

今回は、うつ伏せタイプ、寄りかかるタイプそれぞれで最もオススメできる商品を紹介しました。

寄りかかるタイプはなるべく大きめが良いかと思います。小さいとどうしても寄りかかれずに結局背中と首が痛くなります。今回紹介したものは大人でも十分寄りかかれます。もちろん体の小さい方でも大丈夫です。

うつ伏せのタイプは、顎を乗せる部分の固さや高さが重要で、今回紹介したものはとても良い固さ・高さです。特にベッド・布団の上で使うならうつ伏せタイプのものが特におススメです。そのまま寝られます。

ちなみにどちらも共通しているのは日本製であること。質も良かったのですが、日本製はニオイが少なめなものが多いことがあらためて実感できました。(たまたまだったらすみません)。

今回のように顔に近い位置で使うものは、結構ニオイも重要だと思います。今回紹介した中でも、寄りかかるタイプの方は特にニオイが少なく、またカバーも洗えるため気になる方はこちらをお試しください。

また、今回の2商品であれば写真と違うものが届くようなことはないと思いますので安心していただければと思います。(普通写真と違っているとかありえませんよね。。。6種類中1つありましたが・・・。)どちらも日本製でそういった意味でも信頼がおけますので、迷われている方はおススメした2種のどちらかをお試しいただければと思います。

今回の記事が同じ悩みを持った方のお役に少しでもたてれば幸いです。

▼あらためて商品のリンクだけ貼っておきます。もし良ければ参考にしてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました